towel-white.com towel-white.net towel-white.info 会社概要  利用案内 お問合せ プロフィール

山代温泉古総湯に入ってきました

0
    本日、石川県加賀市のお客様と別注タオルの件で商談いたしました。
    野々市市から国道8号線を福井県方面に約1時間、距離では約50キロ。
    私は電気自動車(三菱ミニキャブ・ミーブ)に乗っています。
    この車は軽ワゴン車の電気自動車でカタログ値でフル充電で150キロ走行できます。
    実際はエアコンなしで約130キロ走行できます。
    単純に往復するだけで約100キロ、微妙な距離です。
    しかも、石川県南部って三菱や日産のディーラー以外、充電器がありません。
    でも、加賀温泉に日産のディーラーがある。
    何とかなるだろう!
    その気持ちで出発いたしました。

    約1時間後、加賀市のお客様の会社に到着。
    車の残りの電気は半分以上、充電せずに帰れそうだったので安心いたしました。

    お客様と商談後、帰りに加賀温泉の山代温泉を通りました。
    加賀温泉は山代温泉、山中温泉、片山津温泉があり、それぞれ特徴が異なります。

    もちろん、タオル屋なのでいつでも温泉に入れるよう、車に自分用のタオルを入れてあります。
    山代温泉にある、ふらっと立ち寄れる温泉に古総湯があります。
    山代温泉古総湯

    この温泉って洗い場がなくお風呂につかるだけなんですが、天井が高く、外からほのかに風が入り、木造で気分的にゆったり入れるから好きなんです。
    私、温泉のお客様も多く、いろいろな地域で温泉に入ってきますが、
    お風呂に入りながら自分のタオルをゆっくり眺める。
    この仕事でよかったと思うひと時です。

    野々市に帰ってきますと、電気自動車の電池は残り20キロでした。
    電気自動車で加賀市まで無充電で往復することができました。

    ゴミ箱もらいました

    0
      本日、ゴミ箱をもらいました。
      タオルを扱っていると中国・ベトナムからのダンボールの中にある汚れ防止のビール袋、糸くず、メモの紙くず、ゴミって多いんです。
      しかも、市販の小さいゴミ箱ってすぐいっぱいになるし、作業中に捨てにくいです。
      それで、知り合いの方に会社設立のとき、「何欲しい?」と聞かれたとき、

      「ゴミ箱」と答え、PPバンドで作ったゴミ箱をお願いしました。
      私は何気なくPPバンドとお願いしましたが、
      PPバンドってダンボールを梱包するときのビニールの平たい紐です。
      もちろん、新品を使うってもったいないので、廃物を集めなければいけません。

      しかも、余暇の時間を使ってちょっとづつ、そして待つこと数ヶ月、、、
      ついに完成しました。

      直径 約60cm
      高さ 約55cm

      でっけー、一目見た感想でした。

      どうもありがとうございました。
      大切に使わせていただきます。

      ニュージーランドのお客様にタオルを送りました

      0
        本日、以前からお問い合わせがあったニュージーランド在住の日本人の方へタオルを送りました。
        その方はニュージーランドでマッサージ店を経営をされている方だそうで、ニュージーランドでは気に入ったバスタオルを入手することが困難だということでした。

        初めてメールを頂いてから約2週間、その方からは郵便局の船便でおくってほしい旨、メールがあり、
        私も海外へ小包を送った経験がなく郵便局の方、お客様と何度も相談しながら本日を迎えることができました。

        郵便局の船便だと、今から2〜3ヶ月先に届くそうですが、ぜひ無事に届いて欲しいものです。
        また、日本から遠いニュージーランドでウチのおすすめのタオルがマッサージ店で使用されている。
        そのことを考えてもうれしく感じます。

        本日送ったバスタオルはレピア織の2000匁の超特大バスタオルですが、
        このバスタオルのサイズは約100×120cmもあります。
        このサイズってシングルサイズの敷布団の大きさなんです。
        自分でもシーツとして、タオルケットとして、使っている肌触りのよいバスタオルなんです。

        レピア織とは、レピア織機で織り上げたタオルで、通常のタオルよりも糸と糸の間隔を詰めて織り上げますので、
        織り上がった業務用タオルは糸の目の詰まった高密度のタオルに仕上がっています。
        一般的にタオル地を透かして見るとタオルの糸と糸のスキマから、
        タオルの向こう側が透けて見えることがありますが、
        レピア織タオルではその様なことはほとんどありません。
        それだけ、糸の密度が高く、また、高密度で織り上げることで肌触りがよく仕上がっています。

        BT-123 業務用レピア織超特大バスタオル12枚
        (全国一律送料代引き手数料1050円別途・下記の金額は白色の金額です詳しくはこちら



        【タオルホワイト】のこの業務用レピア織超特大バスタオルを紹介しているページはこちらです。

        【タオルホワイト2000】をオープンしました。

        0
          本日10月1日(月)、【タオルホワイト2000】をオープンいたしました。

          今まで業務用タオルの【タオルホワイト】を営業しておりましたが、
          【タオルホワイト2000】は配送方法が異なり、

          タオルの量は基本的にタオル5ダース(60枚)単位、バスタオル1ダース(12枚)単位で、
          2000匁相当までを日本全国(北海道・沖縄県・離島を含む)代金引換手数料込みで1050円で発送いたします。

          ですから日本全国一律のサービスで、
          タオル代金の他、タオル代金の消費税、送料代引き手数料1050円で発送いたします。

          運送会社は佐川急便、クロネコヤマト、ゆうパックを利用いたします。
          運送会社はお届け先の地域、業務用タオルの量、ご注文をお受けしたお時間によって、スピーディーにお届けできる様に弊社で決めさせていただきます。

          基本的に平日のお昼12時までにご注文いただいた業務用タオルを即日出荷いたしまして、
          北は青森県から本州全域、四国全域、九州は福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県と離島は佐渡島に翌日お届けいたします。
          北海道、宮崎県、熊本県、沖縄県の方は翌々日のお届けです。

          2000匁とはどの位の量を発送できるかというと一例といたしまして【タオルホワイト】の

          【FT-104】200匁30番手双糸業務用スレンカラータオルだと10ダース(120枚)、

          【BT-103】1000匁30番手双糸業務用スレンカラーバスタオルだと2ダース24枚、

          【BT-106】2000匁30番手双糸業務用長特大バスタオルだと1ダース(12枚)

          発送できます。

          また、一部例外的にダンボールにスキマなく梱包できるタオルは2000匁相当以上発送できる業務用タオルもあります。

          これだけの枚数だと、小規模の理美容店様、接骨院様、整骨院様、マッサージ店様、エステサロン様が一回でご注文されるのに十分な枚数ですのでご利用くださいませ。

          今後、ドンドン、取り扱いのアイテムを増やしていき、温泉用の透明袋に入ったタオル等も取り扱う予定でございます。

          【タオルホワイト2000】 http://www.towel-white.netは、北海道・沖縄県・離島を含め日本全国一律のお得な送料で発送いたしますので、どうぞ、ご利用くださいませ。


          ブログの更新ができない

          0
            ブログの更新がまったくできなかった。

            ブログを更新してる人を見ると、本当に頭が下がる。
            そういった方の時間配分を、ぜひ知りたいものです。

            私の場合、新しく会社を作ってから特に時間が足りないと感じるようになった。
            私の時間配分だが、ルーチンワークを終わらせると、残った時間、全力でやりたかった仕事をやってしまう。

            だから、仕事が終わったとき、それは、夜中だったり、体力的に限界に近い状態(眠くて起きてられないetc)だったり、一つ一つ、仕事を終了させていかないと気がすまないタイプなんだろう。

            今度から途中でも時間を区切り、違う仕事もやってみよう。


            ところで、昨日の夜、子供(小学校6年・長男)の学校の校長先生から電話があった。校長先生とはPTAの役員をさせていただいている関係で、よくお会いしていますが、携帯に電話を頂いたのはたぶん初めてなので緊張しました。

            野々市小学校では、以前より、中国シンセンの小学校と交流があり、1年ごとに訪問したり訪問されたりしている。私の子供の頃、このような交流がなかったが、ウチでは、妹が昔、シンセンを訪問し、ウチの子(長女・現中学三年)も参加させていただいたり、また、ウチにもシンセンより小学生のホームステイ先として受け入れをしたり、私にとっても興味のある行事の一つで、今年は長男が参加させていただくことになり、私もウキウキしておりました。

            それが、先日よりの中国の報道、40周年記念式典の中止を受けて、昨日、今年度は中国シンセン訪問を中止するという内容のものでした。

            野々市市の野々市小、冨陽小、舘野小の5・6年生12名、夏頃から、訪問したときに発表する演奏、踊り、いろいろ練習していたのに、理由が理由とはいえ、かわいそう。
            ウチの子は、せっかく一人でパスポートも取りに行ったのに。

            私も昔、ヨーロッパで似たような経験をしたことがあり、昨夜、子供と、普段、まったく気にしないけど日本という国の良さを話していました。
            また、子供にとって行けなかった経験をすることで、日本という国の良さを感じるきっかけになったような気がしました。
            その様に考えると、行けなかった事も子供にとって無駄ではなかったと感じました。

            野々市じょんからまつり

            0
              野々市市では昨日の7月28日(土)と本日29日、野々市市文化会館フォルテ周辺で第31回野々市じょんからまつりが開催されています。

              株式会社リーマはまだ野々市市商工会に加盟していませんが、先日までいた会社ではもちろん加盟しております。
              私も青年部で10年以上じょんからまつりで商工会青年部テントで焼きそばを焼き続けておりました。

              今年度は今まで2枚の鉄板で初日1400、2日目1000の合わせて2400食のところ、
              鉄板を1枚増設し、初日2400、2日目1600の合わせて4000食を目指しました。

              焼きそばを焼く人員がいないということなのでOBとして
              昨日はお昼から焼きそばを焼く手伝いに行ってまいりました。
              かつての仲間から、
              「新しく作った会社どう?」
              「今度、発注するね。」とか、うれしい言葉をかけていただきました。

              商工会の青年部の方、女性部の方、本会の方、事務局の方、本当に大切な仲間だと思いました。

              そういえば、
              会社設立の相談したのも事務局の方、
              会社の場所を相談したのは幼馴染で青年部同期の友人、
              電気工事をしていただいたのは青年部の後輩、

              市役所で税について相談したのは小中高で同級生だった友人、

              その他、知ってる地域の方のおかげでスムーズに開業することができました。
              これからも、野々市を大切にしよう。

              では、本日も焼きそばを焼きに行ってきます。

              株式会社リーマ

              0
                今まで私は父親の会社の一部門で業務用タオルの販売をしておりましたが、
                先日、独立し「株式会社リーマ」を設立いたしました。

                5月6日、ゴールデンウイークの最終日の午後、父親からいきなり会社作って独立しろと言われました。
                今まで「会社を設立」するなんて考えてもなかったので、それからドタバタが始まりました。

                「場所はどこが良いか?」
                「社名はどうしようか?」
                「法人?個人?」
                「資本金は?」
                「いつから?」

                とにかく、考えることがいっぱいありましたが、
                一歩一歩、イメージし平成24年6月20日に会社を設立いたしました。
                株式会社リーマとしての営業は平成24年7月21日に始めました。

                会社名:株式会社リーマ
                住 所:921-8806石川県野々市市三日市町108番地1
                TEL:076-218-6969 FAX:076-287-5353

                電話番号は今まで使っていた番号を持ってくることができました。

                社名のリーマは「利真於勤」という近江商人の教えからいただきました。
                「利(り)は勤(つとむ)るに於(お)いて真(しん)なり」と読んで、利益とは、流通そのものを促進することで世の中に貢献し、商人としての勤めを果たした結果、手にできるものという考え方であり、そうした利益こそ真の利益であるという意味です。
                また、私の名前「利明」、妻の名前「真由美」の頭文字ということもあり、「株式会社リーマ」にいたしました。

                会社の場所は、
                石川県の金沢市の南部、金沢西インターから車で約10分の国道8号線沿いで、
                クロネコヤマトの石川県最終出荷地まで約5分(締め時間は21時)
                新金沢郵便局(郵便局の石川県最終出荷地)まで約7分(締め時間は20時)
                佐川急便白山店まで約15分(締め時間は20時)

                お客様に荷物を発送するのに便利な場所です。
                ですから、夕方以降にご連絡いただいても事務所に在庫している浴用のタオルでしたら、

                北は青森県から
                本州全域、四国全域、
                南は九州の福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、
                佐渡島をはじめ一部の離島に翌日までに到着できます。

                浴用タオル以外は営業倉庫に在庫がありますので、翌営業日には出荷いたします。

                翌日までにお届けできない地域は、
                北海道
                宮崎県
                鹿児島県
                沖縄県
                一部の離島(佐渡島・淡路島周辺の離島・紀伊半島の離島は翌日配送圏です)

                日本中の大部分に翌日お届けできますので、タオルのことで何かありましたらご遠慮なくお問い合わせください。

                タオルホワイトの運営が変わりましたが、私「小西利明」は変わっていません。携帯番号も変わっていません。
                今後とも「タオルホワイト」をよろしくお願いいたします。

                四国タオル工業組合認定タオルソムリエ(認定第0717号)
                小西利明(こにしとしあき)090-4686-4460(docomo),080-4253-4460(softbank) 

                中学生の娘が柔道の初段に!

                0
                  本日、中学3年生の娘が柔道初段に合格しました。
                  昨日、型の試験があり、本日、筆記試験と乱取りがあったそうです。
                  よくやった。

                  中学、入学時、小柄だった子供に何気なく柔道をすすめ、漫画のYAWARAを見せ、始めた柔道ですが、
                  2年生のとき、公式戦で1勝、そして、本日初段、ですから黒帯です。
                  柔道を始めてから今まで基本休まずによくここまできました。
                  本当によくやった。

                  私は中学2年生のとき娘と同じ中学で柔道を始めましたが、
                  あきっぽい私は休んでばっかり、もちろん1勝もしていません。
                  当たり前のことですが黒帯なんて話題にすらなりませんでした。

                  しかし、休んでばっかりだったとはいえ、
                  ある程度は練習していたわけです。もちろん、弱いけど。
                  私が柔道をやってて良かったと思ったのは、
                  私は旅行が好きで大学生の頃、ヨーロッパでふらふらしていました。
                  そんな時、オランダのアムステルダムで2人の大きな男に挟まれました。
                  私の身長は180cm、普通だったら私も大きいです。
                  だけど、そのとき、私が「大きい」と思ったくらいでした。

                  2人は襲い掛かってきましたが1人を投げて、もう1人を振りほどきバランスを崩して逃げてきました。
                  そのとき、柔道やってて良かったと思ったときでした。
                  もし、中学のとき柔道をやっていなかったら、どうなってたんだろう?

                  その後、テレビで柔道の試合なんかも見るようになり、
                  柔道ってあんなにきれいに決まる技があるんだ!と、初めて感心しました。
                  どうせやってたんだったら、まじめにやればよかったと思いました。
                  顧問の先生があんなに一生懸命教えてくれたのに。

                  また、勝手な解釈ですが、柔道って勝ち方がきれいだと思いました。
                  まず、道具ですが何もありません。ただ、服を着ているだけです。
                  柔道着も道具だと言えば道具かもしれませんが、私は道具を持たない素手だと思っています。
                  そして、勝ち方は
                  仰向けに投げて1本勝ち
                  押さえ込んで30秒たって1本勝ち
                  関節をとって相手が「まいった」をしたとき
                  締めて相手がおちたとき

                  柔道の勝ち方って、当時何も思っていなかったけどこれだけなんですね。
                  もちろん、スポーツとして柔道がありますので、
                  技あり・有効・場外・指導等ありますが、

                  ヘンな言い方すると相手を戦うけどとどめは刺さない

                  と、いう感じがします。

                  例えば相手を投げて両肩ついた。柔道はそれ以上しません。
                  押さえ込んで30秒で逃げれなければ、60秒かかっても、それ以上かかっても逃げれません。
                  もちろん、「まいった」をしたり、相手がおちたら、それで勝ちです。
                  あくまで、スポーツですから試合場の範囲は決めなければいけないので、
                  範囲が決まっていますが、それで勝ち負けということにはなりません。

                  だから個人的な意見ですけど柔道ってすばらしいなと思います。
                  もちろん、私は今はしていませんが。
                  中学生が柔道をやることになったのも個人的には賛成です。

                  先日、子供の部活の顧問の先生とお会いすることがありました。
                  そのとき、お願いしたのですが、夏休みに中三なので子供の部活が終わります。
                  その終わった後、柔道場をお借りして子供に投げてもらおうと思います。
                  子供が柔道を始めたときから楽しみにしていたことです。
                  そのとき、上手でも下手でもいいと思っていました。
                  それが公式戦で1勝、そして黒帯、親バカですが立派過ぎる子供になりました。

                  ちなみに私の当時の柔道の先生は娘の校長先生です。
                  黒帯の試験の前日、校長先生にもお会いしお礼を言いました。
                  私が中学生のとき、この先生がいなければ、こんなことがおきなかったんですから。。。
                  私は本当に先生に恵まれたと思います。

                  綿花が安くなったなぁ

                  0
                     $0.7058/lbs、昨日付けた綿花相場の安値です。昨年の3月7日に$2.1970/lbsを高値にドンドン値が下がり約3分の1になりました。

                     今思えば約2年くらい前から綿花相場がドンドン上昇し、秋頃からタオル相場も上昇し年末年始ごろにはタオルが無くて困っていました。特に温泉旅館さんでご利用いただいているシリンダー加工のタオルが品薄になる異常事態だったのがついこの前のようです。それが、70.58セントになりました。

                     もちろん、現物の綿花がこの値段で買える、綿糸相場もすぐに下がる、タオルの価格もすぐに下がると言う訳ではありません。しかし、時間をかけて徐々にタオルの価格に反映されて行くでしょう。もちろん、ウチではお客様が安心してお仕事でタオルをご利用できるように心がけて安心した価格でご提供できるようにがんばります。


                     私は中学2年生の頃、プラザ合意があった頃から為替相場、株式相場に興味を持ち、特に大学に入った頃、平成元年4月ですが株が大好きで自分で現物株を取引していました。ちょうど、世の中はバブルの絶頂期、その年の12月の大納会で日経平均が最高値をつけたときでした。その時から株式相場は右肩下がり、もちろん利益をだす事もできず、しかし、いつかは?という気持ちで株をやめることはできませんでした。

                     その後、私自身なぜ?と言われたら理由はわかりませんが、相場を冷静に見ることができるようになりました。それまでは日本経済新聞や雑誌を読んで投資先を考える方法でしたが、そんな新聞や雑誌を読んで儲かるなら新聞記者って儲かるよね。とか、投資信託ってファンドマネジャーが運用していますが本当に儲かるならフリーで売買して稼ぎ手数料や給料の収入なんかに頼らないよね。とか、本屋さんに株の本がいっぱい並んでいますが著者が本当に儲かっているなら本なんか書かないよね。そもそも、この人らの名前って長者番付で見たことないよね。など、今から思えば「ひねくれたヤツ」だったんですね。

                     だけど、そのおかげで、相場は人が動かす、人間の心理で、今買わなければ損するとか、一番高い値段で売るとか、今売らなきゃ損するとか、あせって取引している人が多い中でファンダメンタルズ通りの価格形成ができるはずがない。それより、もし万が一、世の中が完全に止まったとしても、もちろん絶対そんなことはないけど、仮にあってマーケットだけが動いていても相場は動くだろう。と、思うようになりました。

                     その結果、新聞(経済ニュース)をまったく読まず、たくさんある銘柄の中から発行済み株式数の多い一つの銘柄だけを、新聞にでている株の始値・高値・安値・終値・出来高の五つの数字だけで、しかも、ドキドキせずに冷静に取引するために朝9時のマーケットが始まる30分前くらいまでに当時インターネットがなかったので証券会社に電話し成り行きで株の「買い」「売り」の注文を出すようになりました。それが、いつの間にか発展しグラフを書くようになりチャートを覚えるようになりました。当時、売買していたのは「三越」一社だけでした。三越の株式だけを買ったり売ったり、本当に単純な繰り返しですが、それだけしていました。会社情報と四季報は毎号、買っていましたが、三越のページだけやぶって残りは捨てていたくらいです。

                     だけど、昔のチャートを肌で感じる技術が仕事に役立つようになるなんて当時は夢にも思いませんでした。人間、物事を考えるときは一歩引いて考え、キチガイの様に熱中し、勉強したことは当時、好きでやってた遊びでも、いずれ何かで、何処かで役に立つことがあるんですね。

                     今では、株式の取引はまったくやっていません。三越が子会社と合併した後、三越の株価と自分の値動きのリズムが崩れたときをきっかけに、情熱がすべて冷めてしまい、もう何年もたちます。今、思うと株はやってて良かったなと本当に思います。もちろん、人にはすすめませんが。。。ただし、子供が何か好きなことができキチガイの様に熱中することがあれば、そしてそれが世の中で許される事なら子供にはさせようと思ってます。だって、自分もいろんな経験をしたおかげで今の自分がある訳ですから。

                     最近の綿花相場を見ていて、つい昔話を書いてしまいました。くれぐれも、私は相場をすすめているわけではありません。マーケットは自己責任で!
                     そして、私はお仕事でタオルを使う皆さんに良い仕事をしてもらえるように、安定して安心した価格でタオルをお届けすることに、一生、すべての情熱をそそぎます。




                    温泉の名入タオル

                    0
                      先日、温泉のお客様から温泉用の名入タオルのご注文をいただきお客様のロゴをトレースしました。

                      名入タオルの作り方を説明しますが、
                      名入タオルを作るときは最初に「版(はん)」を作らなければいけません。
                      版とは版画の型の様なものです。

                      まず、現在お客様にロゴ・マーク・名前に決まった書体があるかお伺いします。
                      基本あることが多いですが、そのロゴや決まった特殊な書体をイラストレーターでトレースします。

                      簡単にいうとパソコンでする「写し絵」です。
                      お客様からパンフレットやjpgデータ、今まで使用していた名入タオルなどをいただきます。
                      そのデザインをもとにトレースしますが細かいデザインの場合、
                      特にパンフの中のマークなど拡大してトレースします。

                      しかし、小さなデータを拡大するとぼやけます。
                      そのぼやけたデータをもとに線を引きデザインを作成して行きます。

                      名入タオルの版のためのトレースでもう一つ難しいことがあります。

                      皆さんも温泉に入るときお風呂で名入タオルを見たことがあるでしょう。
                      名入タオルは一部の例外を除き、基本1色(特に濃紺)で印刷してあります。

                      お客様からデータをいただいたとき、
                      それが数色使っている場合、その数色のデザインを白黒に変更しなければなりません。
                      意外と簡単なことのように思われると思いますが数色のデザインを白黒に変更するのはかなり難しいです。

                      頭の中で整理するんですが地色は白色なので一番強調したい部分を黒のベタにします。
                      そして、その部分にくっついていない部分も黒のベタにします。
                      ここまでは簡単です。

                      次、ベタにした部分に重なっている部分をどうするか?
                      もちろん黒にすると重なって見えなくなるし、
                      その部分に白で隙間を作ったり、
                      ベタにせず斜線や小さな点で塗ったり
                      試行錯誤します。
                      あっ、それと白黒といいましたけど、それはパソコンのデータのことで印刷の色ではありません。

                      ときどきお客様から、
                      「この部分は色を薄く印刷してください」と言われます。
                      だけど、名入タオルは「塗る」か「塗らない」のどちらかです。

                      こんなことしながらロゴを作成して行きます。
                      私はこのロゴが完成した時点でお客様に見ていただきます。

                      あくまで「写し絵」ですから、
                      お客様のお名前の文字(特に行書体)のかすれ方、ベタの重ね方(表現方法)など、
                      細かく見ていただきます。
                      そしてOKをもらったら、

                      印刷範囲「縦70×横250mm」に先程のロゴ、その他お客様のご要望のもの、
                      通常「住所」「電話番号」「URL」「キャッチフレーズ」等を落とし込みます。

                      大まかにはお客様にお伺いしてデザインしますが、
                      ここで、また問題があります。

                      書体はどれを使うか?ということです。

                      サンプルの書体はあくまでサンプルの書体で、
                      ご希望の書体にしたときロゴと合わない、イメージが違う等いろいろ問題が起こります。
                      また、お客様から「行書でお願い!」と言われたとき、
                      実は一番頭を悩まします。

                      皆さんもパソコンでエクセルでもワードでも結構ですが、
                      行書がいっぱいあって、それぞれイメージが違うことをご存知だと思います。

                      でも、お客様とやり取りしてご希望のデザインにしていきます。
                      で、ある程度、デザインになったとき、

                      名入タオルとは、
                      お客様にお渡しした袋に入った状態できれいに見えること
                      お風呂に入った状態できれいに見えること

                      この2点がないといけません。

                      「たたんだ状態できれいか、広げた状態できれいか」

                      このために1ミリ単位で配置を微調整していきます。

                      そして自分でも納得できるデザインになったとき、
                      お客様に最終確認していただきます。

                      そして、OKがでるまでやり続けます。
                      OKをもらったとき、本当にうれしいです。
                      私はトレースで手を抜きません。
                      ですから本当にうれしいです。

                      私の事務所の壁に今までつくった名入れタオルのデザインが貼ってあります。
                      もちろん、全部ではありませんがランダムに貼ってあります。
                      これも一度整理して貼りなおさなきゃいけないです。


                      ときどき、私の作ったタオルを使っていただいている温泉にこっそり行くことがあります。
                      そのとき、他のお客様がお風呂で、そのタオルを使っていただいているとき、
                      また、自分がお風呂で自分の作ったタオルを眺めているとき。

                      最高の気分ですね。
                      これからも納得のいく名入れタオルを作ります。
                      皆さんもお風呂のタオルを大切にしてください。


                      search


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      topics

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 株式会社リーマ
                        去来荘
                      • 160匁の温泉用透明袋に入った白タオル【FT-954】
                        Dao Thinh

                      profile


                      profilephoto
                      小西利明(こにしとしあき)
                      タオルソムリエ(第0717号)
                      090-4686-4460(docomo)
                      080-4253-4460(SoftBank)

                      お仕事で使う業務用タオルのお問合せはお気軽に!

                      最終更新日:2015/10/21
                      トピックス:64

                      お問合せはこちら

                      業務用タオルの
                          【タオルホワイト】
                      TEL:076-218-6969
                      FAX:076-287-5353
                      Mail:info@towel-white.com
                      お仕事で使う業務用タオルのお問合せはお気軽に!
                      事務所にいないことが多いので小西利明の携帯が確実です!

                      links

                      mobile

                      qrcode

                      recommend

                      PR

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      others